VRoid Studio 利用規約

第1条 はじめに

  1. 本規約は、ピクシブ株式会社(以下「当社」といいます。)が本サイト上で公開する「VRoid Studio」(以下「本ソフトウェア」といいます。)を、ユーザーが利用する場合の一切の行為に適用されます
  2. 本規約は、本サービスの利用条件を定めるものです。ユーザーは、本規約に同意の上、本契約書に従い本サービスを利用するものとします。
  3. ユーザーは、本サービスを利用することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなします。

第2条 定義

  1. 「本サービス」とは、本サイト、及び本ソフトウェア上で提供される全てのサービスをいいます。
  2. 「本ソフトウェア」とは、3Dモデル作成のソフトウェアである「VRoid Studio」に含まれるすべてのコンピュータプログラム及びデータをいいます。
  3. 「本サイト」とは、当社が運営する「VRoid(https://vroid.com)」と称するウェブサイトをいいます。
  4. 「クライアントPC」とは、本ソフトウェアをインストールするコンピュータをいいます。
  5. 「ユーザー」とは、本規約を承認し本ソフトウェアをクライアントPCにインストールした個人及び法人をいいます。

第3条 本規約の変更

  1. 本規約及びその他の利用規約は、当社の判断により、いつでも任意に変更することができるものとします。
  2. 変更後の本規約及びその他の利用規約は、当社が別途定める場合を除き、本サービスを利用した時点より効力を生じるものとします。
  3. 本規約及びその他の利用規約の変更の効力が生じた後にユーザーが本サービスを利用した場合には、変更後の利用規約の全てにつき、同意したものとみなします。

第4条 利用権及び利用料金

  1. ユーザーは自らが所有するクライアントPCにおいて本ソフトウェアをインストールし、利用することができます。
  2. 本サービスは無料です。

第5条 利用環境の整備

  1. 本サービスを利用するために必要なあらゆるクライアントPC、コンピュータ等のハード・ソフトウェア等の整備は、ユーザーの負担と責任において行うものとします。
  2. 当社はユーザーの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。

第6条 複製

  1. ユーザーはバックアップの目的で本ソフトウェアの複製物を作成することができます。
  2. ユーザーは不特定の対象へ配布する目的で本サービスの複製物を作成する場合、当社による事前の書面による承諾を得る必要があります。
  3. ユーザーは本サービスの複製を前項以外の目的で行うことはできません。

第7条 禁止条項

  1. ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号に該当する事項を行ってはならないものとします。ユーザーが以下に該当する行為を行った場合、当社は、その故意・過失であるかにかかわらず違反行為とみなすことができるものとし、禁止行為を行ったユーザーに対し、利用権の取り消し、本サービスに関するデータの全部もしくは一部の削除、又は変更等の不利益な措置を採ることがあります。
    • 第三者に対して、本サービスを販売する目的で複製等を行うこと。
    • 有償、無償を問わず、第三者に対して、本サービスを当社の承諾無く配布等を行うこと。
    • 本サービスの全部又は一部のリバースエンジニアリング、逆コンパイル又は逆アッセンブルなどの解析行為を行うこと。
    • 本サービスを一部又は全部を改変あるいは除去を行うこと。
    • 本サービスを商用利用、二次的利用を行うこと。

第8条 期間

  1. 本規約はユーザーが本サービスを利用したときから効力を生ずるものとします。

第9条 バージョンアップ

  1. 当社は、事前の予告なく本サービスの改変・改良を行うことがあります。
  2. 当社が予めの告知、本規約の変更等がない限り、改変・改良した本サービスの利用も無償とします。

第10条 免責

  1. 当社は、本サービス(改良・改変の本ソフトウェアも含みます。以下、同じ。)の利用又は利用不能によって生じるあらゆる直接的・間接的損害について、一切の責任を負いません。
  2. 当社は、本サービスの品質・性能・利用目的に対する適合性等を一切保証しません。
  3. 当社は、本サービスの恒久的なアップデート、改良、不具合の修正等の義務を負うものではありません。
  4. 当社は、当社が必要と判断した場合は、ユーザーに通知することなくいつでも本サービスを変更、停止、又は中止することができます。
  5. 当社は、前項の通知を行った後に本サイト又は本サービスを終了した場合に、ユーザーに対して、本サービスの追加、変更、中断、終了に伴う損害、損失、その他の費用の賠償又は補償を免れるものとし、直接損害か間接損害か、予見できたか否かを問わずに一切責任を負いません。

第11条 知的財産権の帰属

  1. 本サービス及びこれに関連する情報、サービス、プログラム等に関する著作権その他一切の権利は当社に帰属します。
  2. 本サービスを利用して作成された作品の著作権その他一切の権利は、当該作品を創作したユーザーに帰属します。

第12条 本規約及びその他の利用規約等の有効性

  1. 本規約及びその他の利用条件等の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約及びその他の利用条件等の規定は有効とします。
  2. 利用規約等の規定の一部があるユーザーとの関係で無効とされ、又は取消された場合でも、利用規約等はその他のユーザーとの関係では有効とします。

第13条 オープンソースソフトウェア

  1. 本規定に関わらず、別途記載されたオープンソースソフトウェアはそれぞれに適用されるライセンス条項に基づいてユーザーにライセンス許諾されます。

第14条 利用権の取消

  1. ユーザーが本規約に違反したとき、当社はユーザーの本サービスへの利用権を取り消すことができます。
  2. 当社が本サービスへの利用権を取り消した場合、ユーザーは速やかに本サービスの利用を中止し、本サービスおよびその複製物を速やかに削除するものとします。

第15条 損害賠償

  1. ユーザーが本規約に違反し、または、ユーザーの責に帰すべき事由により当社に損害が生じた場合、または、不正もしくは違法な行為を行ったことにより当社又は第三者に損害が生じた場合、ユーザーはその一切の損害(弁護士費用、当社が第三者に行ったお詫びもしくは謝罪広告の費用を含む)を当社に賠償する責任を負います。その他法的措置をとることがあります。

第16条 個人情報の利用

当社は、個人情報及びそれに類する情報を「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取扱うものとします。

第17条 通知又は連絡

  1. ユーザーへの通知又は連絡が必要な場合には、当社が運営するウェブサイト又は本ソフトウェア内の適宜の場所への掲示その他、当社が適当と判断する方法により行なうものとします。
  2. 当社では、当社が特に必要と認めた場合を除き電話、来訪によるご連絡は受付けしておりません。
  3. 当社は、日本国における法令、条例、法律等に基づく場合を除いては、本サービスの提供に関連して知り得たユーザーの個人情報をユーザー以外の第三者に開示又は漏洩しないものとし、かつ本サービスの提供のために必要な範囲を超えて利用しないものとします。
  4. 当社は、電子メールの通信履歴に関しては、次項の場合を除いて、これを第三者に公開しないものとします。
    • 裁判官の発付する令状により強制処分として捜索・押収等がなされる場合、法律上の照会権限を有する公的機関からの照会(刑事訴訟法第197条第2 項がなされた場合その他法令の規定に基づき提供しなければならない場合、当社はユーザーの合意をとらずに照会事項を開示する場合があります。

第18条 準拠法及び管轄裁判所

  1. 本規約の準拠法は、日本法とします。
  2. 本規約の成立、有効性、解釈、運用、効力は、日本法によって決定され、これに支配されるものとします。
  3. 本契約に関連して発生した紛争については東京地方裁判所を第一審の管轄裁判所とします。

附則

本規約は、2018年7月31日から施行します。